top of page
  • 執筆者の写真たくや院長

アカラス(毛包虫症、ニキビダニ症)からの脱却

子犬なのに…薬用シャンプー漬け、薬漬け

ありえないと思うことが起きる。


きっと治ると思ってやっていんでしょうね。


相談してくれてよかったコの紹介です。


 知人の娘さんのワンちゃんまだ子犬でした。


アカラスと診断されて通院。


毎週、薬用シャンプーで洗い…


注射をうち…(ドラメクチン)


薬を飲んで…


なかなか治らないみたいなんだけど…



これがその時の写真


写真から、

伝わります、痒いというのが。


被毛の状態がバサバサの感じ

目の周りは脱毛


かわいそう


アドバイスは


①まず薬用シャンプーやめてください。


②シャンプー変えてみましょう!


③薬もやめてみましょう。


2ヶ月ほどできれいになったと報告が↓↓



 見違えるほどきれいになりました。




このまま、薬用シャンプー、薬漬けになっていたら…


別の病気になっていた可能性だってある。


ほんとに相談してくれてよかったです。




アカラスは、別名毛包虫といって、

毛穴の毛包に住んでいる寄生虫。

常在している寄生虫なんですね。

体はうまく共存しています。


元々悪さをする寄生虫ではありません。


診断でアカラスが検出できたので、

アカラスをやっつけろとなったのでしょう。


それをやっつけようとするから、こういうことに繋がることになる。



なんで増えてしまったのか?

ということ考えましょう。


考えた時に薬用シャンプーや薬でという選択は疑問に思います。


アカラスを改善する近道は

やっぱり薬用シャンプーを使わないことでしょう。


やっぱりアカラスがどうして増えたかってことを

無視して治療してはいけないと思うんです。


きっと何か理由があって増えたはずだから。


その理由、考えないんですよ。


基本的に



アカラスに対しての治療のほとんどは薬用シャンプー、投薬、注射などです。



個人的には【皮膚専門医】は時に有効ですが


時に動物を苦しめる場合もありますので注意が必要です。


だから飼い主さんにこの記事が届いて、

気づいてもらって何か別な治療法が良いかも…と

セカンドオピニオンを求めてもらえたら嬉しく思います。


閲覧数:130回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page